『伝奇が故郷に戻ってきた』の太郎が復興20周年を迎えた

「伝奇ふるさとに戻る」はザクセン精密タブブランドラングは人々の視野を記念し20週年に撮った1部のフィルム。20分の間、この重要な歴史のデジタルの創造者、目撃者と目撃者はレンズの前で1回の太郎の格の復興についての集団の思い出を行いました。
世纪のきゅうじゅう年代初頭、ベルリン壁崩壊後まもなく、は故郷を離れてよんじゅう年近くのヴァルター・ラング(Walter Lange)に何もなかっゲーラ苏蒂の町は、これから当時は曽祖父再建费尔迪南多・アドルフ・ラング(に由来するそうだAdolph Lange)を創建し、戦争と戦後政治構造で途切れた半世紀の精密時計王国。彼と時任积家と万国総裁のギュンター・布呂ライアン(Gうさうさnter Bl mlein)と協力し、ハート穆特・科アルゴノート(Hartmut Knothe)の協力を得て、人員を拡充する、建設工場の奮闘を経て、四年、ついに1994年じゅう月24日は空前の成功した会の場告げるラングの回帰とザクセン精密タブの復興。

カテゴリー: NEWS パーマリンク