リシュモン発表2017 /じゅうはち上期決算前5ヶ月売上高は前年同期比10%上昇

2017年の8月末までの5カ月間の売上高は2桁の増加を実現した。主に宝石部門の好調な業績や有利な基数効果を得ている。
すべての地域では、アジア太平洋の最も顕著な成長を遂げている。強力な表現は多くの市場の支持を得て、中国大陸と中国の香港は2桁の増加を実現して、昨年同期の大きな一部の在庫の回復は香港市場で発生しました。ユーロは観光消費に悪影響を及ぼすが、ヨーロッパ市場は3 %の成長を遂げている。イギリスでは、有利な為替レートの変動が得られ、売上高は2桁のスピードで伸びている。日本では、売上高の増加が国内および旅行の消費を反映している。地縁政治の不確実性の影響を受けて、中東地域の販売は比較的緩やかである。
大部分の地域の小売売上高は上昇傾向にあり、アジア太平洋、日本、アメリカ州も着実に成長している。小売売上高は、宝石や時計部門による強い表現と、昨年のカルティエニューヨークと東京の旗艦店が再開した。卸売売上高は前年同月比11 %増となった。主に在庫を捨てない影響を反映している。リシュモンその他業務全体の増加態勢は、多くの部門での進歩を持続する。

カテゴリー: NEWS パーマリンク