Grランドセイコ精工と手を携えた天海祐希は、女王の姿を見せる

日本時計大手のSEIKO精工旗の下で高級腕時計ブランドGrランドセコシリーズは、「平凡の偉大さ」をブランド精神とし、精確と実用を兼ね備えたトップの製表技術を厳守し、東方製表の先駆者となる。2016年には特に日本ドラマの女王・天海祐希がGrランドセコ女表のキャラクターを務め、職場の女性にふさわしい自信のある天海祐希特別金SBGW 049を発売した。1960年の初代Grランドセコの古典的な限定腕時計をモデルにしたもので、女性特有の優しさや洗練されたデザイン、天海祐希が選んだ双色ワニの皮のバンドに合わせて、表帯間に入れ替わる異なる味わいを感じ、女性が知性と自信の魅力に満ちた魅力を完璧に表現する魅力的な風貌である全台限定30匹。
女性の職場での女性が男性に劣らないことを観察してみると、女性のイメージキャラクターをトップに起用したり、日本のドラマの女王・天海祐希を招待したり、最新のブランドイメージCMを撮影したり、SEIKO精工の起源を選んだ銀座の名所「和光時計塔」の撮影シーンも選ばれた。映画の中天海祐希は、和光時計の塔の頂に足を踏み入れ、腕の上に光を放つGrランドセカコの腕時計を自信の目で見つめ、日本で最も美しい腕時計を完璧に表現し、女性の自性美を見せる。Grランドセコも、天海祐希と手を携えて、政治、ビジネス、芸術など様々な職場で活躍してきた優秀な女性のために、世界の舞台に立っている女性たちが配した特別な腕時計SBGW 049をデザインし、女性たちにとっても知性と自信の美しさを見せている。
Grランドセコの一貫したセイコのデザイン理念を持ち、高精度、デザインセンス、易読性、利便性、そして一生の腕時計を作りたい。今回の天海祐希特別金SBGW 049のアイデアは、1960年に初代Grランドセコの古典的な限定表のモデルをモデルにしたもので、特に時価を細長にしたデザインに調整し、また手作りの青鉄針と麺皿の放射状の彫花模様を組み合わせて、職場の女性特有の優しさや洗練されたデザインを完璧に見せる。

カテゴリー: NEWS パーマリンク