スイス美度表「インスピレーションは建築」世界の旅―ルツェルン駅&ソウル駅

スイスの美度表「インスピレーションは建築」世界12都市の霊感の旅で、モスクワとバンコク駅に続いて、「最も文芸」の城、ルツェルンと「娯楽」の城――ソウル特別市に来た。イベントの参加度を増やすために、「Design Schenken(ルツェルンデザイン周)」の創設者・フロンズカとモダンなファッションを招いた韓国のベテランメディア人、Erec Byean – Jan Minは、彼らの建築と文化に対する独特な視点から、ルツェルンとソウル特別市という融合の流れを模索していく。昔の伝統を懐かしむ美しい都市。
スイス中部にあるルツェルンは、13世紀からアルプスを越えた重要な商人町である。スイスの美度表「インスピレーションの源は建築」5つの最も経典、最もルツェルンの代表的な地標識性建築を発表して、それぞれが:ルツェルン汽車駅、ブルバスキーの全景館、ルツェルンの九塔、カペルの縁橋とルツェルンの文化芸術センター、十分にルツェルンの歴史の精華と芸術の人文の内包を体現しています。夏の末秋の初めはルツェルンを訪れる理想の季節で、1年に一度のルツェルンの音楽祭は見逃せない。そして、ルツェルンの最高の方法は、ルツェルンの文化芸術センターから、フランスの建築家が・ヌヴィルの未来感あふれる代表性建築によって出発した。また、ヨーロッパ最古の木質構造縁側、カペル縁橋が旧城に入り、ルツェルンの湖畔を歩いてセビロード埠頭に至るまで、湖や湖のレストランでスイスの美食を味わっています。

カテゴリー: NEWS パーマリンク