腕間「派大星」――美度の海の星シリーズOS Cptain Vチタンリスト

2016年のバーゼル表展では、新たな美度Ocean Cptain海洋の星腕時計は、数少ない小編に深い印象を残した時計の一つである。美度はスワキグループの下にある知名度の高い腕時計ブランドであり、少なくとも中国市場にとっては、いくつかの品質が非常に良いシリーズである。また、ダイビング腕時計分野においては、美度旗の下にあるOcean Sary海洋の星シリーズは永遠に主役であり、例えばこの記事で紹介される海洋の星シリーズOS Cptain Vチタンの腕時計である。
対照的に、画像の中には、金PVDデザインを含む米度OS Cptain V腕時計(金色調の部分を持つ)が含まれており、読者がより直感的に見ることができる。CPtain IVからCPTtain Vまでを越えて、多少の価値を新たに設計し、より成熟していくように見える。海の星シリーズの腕時計は保守路線だが、少しも目板がない。
この時計を取り上げる時には、まず注意すべきものが、チタン合金の殻の上の放光斜面であり、残りの部分はまだラッピング技術を主体としている。これは小さい変更であるが、表体とバンドの重要な修飾である。ブレスレットを続けると、折り畳み式の表ボタンに小型の微調装置が提供されており、ロレックスのGliselo砲システムとは異なるが、流暢な使用性に影響を与えるわけではない。道理を言うと、いったん私たちがこの美度のような微調整装置のある鎖を使っていたとしたら、私たちに裸のブレスレットに戻されたら、本当に気分が悪い。

カテゴリー: NEWS パーマリンク