純黒山度士——カルティエSanbs 100 V炭素カーボンメッキリスト

大規模な宣伝も大幅の広告もなく、静かに静かに、初めの急遽ジュネーヴ表展(SHH)では、この豪華時計サロンのカルティエブースの中には、ブランドが発売された新しい腕時計シリーズDARTDEの風光の裏に、カルティエ傘下の腕時計シリーズの存在もひっそりと押している新しいSants 100腕時計を発表しました。もちろん、形なども前のデザインと同じで、新しい色を増やして消費者に選んだというのは、確かに必要なことはないのですが…。しかし、この表の内部には初めての真新しい自家製のココアが搭載されていることを知ると、すべてが変わってきました。
厳密に言えば、カルティエSants 100は、新しい腕時計モデルではない。結局、1904年にすでに現れたのは、カルティエさんの自分の親友で、ブラジルのパイロットアルベントSan前田- Damontの要請で、第一の男性の腕時計である。百年の歳月が流れ、歳月は無情でも、Sanbsの外形とスタイルは常に大きな変動がなかったが、今のこの純黒Sanbs 100は、最初の線を隠している。2009年には、カルティエが黒炭素メッキ層のSanbs 100腕時計を発表したが、形が似ていて、操業停止に先立ち、カルティエの時計目録に3年ほど存在していた。しかし今回は、カルティエは冷飯の炒め物ではなく、改善の点が検討されている。
前のSants 100腕時計の殻は精鋼材で、メッキコーティングがあります。一見、2016とは似ているような気がしますが、お年寄りは「裸になる」内の表輪を持っていて、めっき細工をしていないのです。新しいカルティエSanbs 100リーグは純黒となり、周体にはリーダカーボンメッキがあり、内表輪(今回は精製鋼素材)と上の8粒のネジがあります。表冠のところも同じですが、サイドにも多くのサファイアが使われています。カルティエ御用の塗り層とも言える、Delに近い。より強い耐吹きや耐震性を提供することができます。これは炭素を基にしたコーティング材の硬さとダイヤモンドがつづられていて、しかも一定の弾性を持っています。

カテゴリー: NEWS パーマリンク