スイスの制表先鋒Tu Heuerタイガータイガー、中国スペースシャトルで赤い星を探索

二十世紀から、日新月異の理論の突破と実践の発展の下で、宇宙飛行史は人類の達成に不可欠な一部となった。8月23日、中国の火星探査工事が本格的にスタートした火星探査プロジェクト名とグラフィックマークが本格的にスタートしたとともに、中国初の探査火星車の外観設計を明らかにした。記者会見では、「初の火星探査任務」プロジェクトの副総指揮官の劉義信氏とプロジェクト総デザイナーの張栄橋さんが出席し、TBHeuerもこれによって「中国の火星探査プロジェクト」の協力パートナーとして、宇宙飛行事業や火星探査プロジェクトへの傾力サポートを披露した。
1962年2月20日、TBA Heuerは、限界を突破し、通常を突破することを基礎として、堅固な根気によって、しばしば技術的な制約を克服し、高級な時計の製表の分野での機械精確度に誰もいない姿をして、第1の宇宙に入るスイスの腕時計ブランドになりました。アメリカの宇宙飛行士のJohn Glennは、その時はTBA Heuerの25 Aは腕時計で、「友誼7号」の宇宙船を運転して打ち上げ、地球を回るのは3週間。
2012年:Heuer Heuer Heuxは、スピンXと手を携えて宇宙に戻る
2012年5月、TEC Heuerは宇宙探査技術会社スピリックスに従って国際空間駅を訪問し、その自家製Calbre 1887の機軸の下にある信頼性と正確性を検証した。はるかにリードしている精確なカウントダウン機能は、一つ一つの厳しい挑戦を征服する。2016年7月12日には、スイスの宇宙システム(SwキスSpace Systems、S 3)ゼロ重力飛行(ZeroG)のパートナーを正式にし、専属「搭乗券」として、公衆と共同でエアバスに搭乗し、非凡な旅を体験する。

カテゴリー: NEWS パーマリンク