HBe田高まっている西鉄城のマゼンが日常の「たま」の断片を見せる

西鉄城のシチズンは品質とセンスの高い規格に対して、すべて精緻な日系ファッションの典範を築いた。今年は再びアジア日を招待したHBe田高まるオーディションで、2016年の後半でも女性の日常生活の中での日々の精選を説明するための代弁である。最新広告は、「たまに」を考えて、女性の様々な姿を見せ、女性の多様な生活態度を述べる。今回は、メインの繊細でエレガントにデザインされたチタンの金属超軽量腕時計のほか、女性の多様化した生活の場として、牛ベルト表金とEco- Drev光動能40周年限定の女性表が発売され、女性の柔軟性は個性的でないと述べ、自己主張をとどめている。さらに台湾でも女性が、声を出して「一刻も新しいスタート」と伝え続けるコア精神を続けています。
このCMは、シチギが女性の多様な姿を見せる信念を続け、日常生活の中で多くの「たま」の断片を見せた。「人生はあまりにも自分をリラックスさせる機会は少ないが、実際には、どの女性にも感情を表現する権利を持つべきである。いつも何をしたいのか、たまには何をしたくないことがある。しかし、それぞれの考え方を通して、女は本当の『女』になることができる。これを通して、マスチャンとのコラボで、自分の気持ちをもっと楽しんでもらう瞬間、悪いことも、『今』と『未来』が持っていた思い出。彼女もこの広告を見てほしいと思っている人も、生活の中で自分に属する『たま』を見つけて、自分の主人を作ってみると、その瞬間は、新たなスタートになる。
クリスチャンの台湾支社総経理の星崇史さんは「代弁者の田香オーディションは私たちの消費者ごとに投影されているようだ」と述べた。何倍もの心血を注いで、誰よりもよくやってほしい。人の前では簡単に弱いということはないが、女性特有の優しさを持っている。堅固かつ優しい両者が相乗して、女性は一刻もまばゆいことができる。これをきっかけに、女性が心を隠しているインサイトの声。また、今年で40周年を迎えたEco- Dere光動能発電技術を搭載しており、多忙な都会女性は定期的に電池を交換しなくても、光があれば腕時計が作動し続けることができる。

カテゴリー: NEWS パーマリンク