雨の日は、NATOと腕時計が似合う

DWの風靡なので、多くの人にNATOのバンドを知ることができたのではないかと思います。早先20世紀の70年代のころ、イギリス軍は軍則専用のバンドを作っていた。その時、主に量産可能な強靭なバンドを実現するために、物資が希薄になった時には臨時の包帯になる。今までにも一定の規範化があって、滑り止め、通気とともに量産が容易になり、夏には「NATOはWHAT?」雨の日もあまりにも粘りがあるとは思わないが、「雨の日は、NATOと腕時計が似合うよ」という名言を思い出した。
1971年産原金のアワビの殻の形を続いた。(初代は当時、世界で一番早い自動カウントダウン表の1つで、ブランドも同年にスワキグループに加わった)。青面アワビが赤青のベルトにぶつかって活気に満ちていて、カウントダウン機能を取り除いて月曜日に表示されました。同材のステンレス製のケースは直径45ミリから42ミリまで下がっており、少しでも残念で、狂ったNATOの感覚に合わせた表盤の直径が大きければ大きいほどいい。
間違いなく本物のように見える表が好きで、さらに軍旅風の色の組み合わせを加えて、瞬く間に砂浜の前に横たわっていたアメリカの大兵を連想し、ユーモアを持っていた。しかし、この皿の直径はもっと小さく(41ミリ)、ほとんど実用的な考えから、基本的な機能もそろっていて、背投の可能性があり、アルミニウム合金の素材は超軽視感をもたらし、実用的で快適です。

カテゴリー: NEWS パーマリンク