低調の内収束、梅の空覇を手に入れた8399 s—342

腕時計というものは、1990年代までにかなり流行しています。大人たちは基本的に人手が1つて、その時私は年を取っていて、ありません。
第1回の戴表は上中専の時、父が残した東方双ライズ(当時の街表と計算した)。仕事に参加してから、パスと携帯電話があって、もう時計をつけたことがない。でも、最初の月の給料で母に西鉄城自動機械表を買ったのですが、この2つは依然として健康です。
11年の時やっと私たちのこのつぼに来て、ずっと親民のプレートの中で潜水しています。親民性の比である瑞表というと、90 %の時計友はまずティソだと思っていたが、結局は三界外に出られなかった。まずLPにブロックカソンに入りましたが、もともと対になりたいと思っていましたが、仕方ないと思います。ティソの売り上げ首位、ホワイトリロックになる。続いてきたのが、「ぶつかる表」。あの時、勉強していたわけではありませんでした。そして、年齢も性別も問わない。ある時同僚の結婚披露宴に行って、1机の10人は意外にも4つの力のロックで、その中の1人の古い指導者が含まれています。車管の審査に行くと、業務を行う女性警察にもベルト黒力、男らしい。古典的なデザインと高性価格を達成することはできません。
もうすぐ四人になって、何事も穏やかで穏やかになるべきだ。それは、梅だ!ちょうど省城の出張に行って、8399s 342と77s 310の2選1、結局310品がなくて、この空権があった。20日以上手に入りました。毎日10時間かかります。
安定は5~6秒。
つぼの中で学んだことによって、自分は大体テストした。変位:全12時間、麺は+3、面下+2、上+4、下+5を、左+2をつけます。連鎖面では静まり、41時間は停止した。時計が止まった後、手動でチェーン3回、秒針が出ます。梅の素質はとても満足しています。

カテゴリー: 日記 パーマリンク