ロレックスのグラビア型II赤青圏:百事圏復帰

ロレックスがブルーブラック時計GMTY(116710 BLNR)を発表した後、わずか1年で赤ブルーの陶磁器GMTY(モデル116710 BLL)を発売してびっくりしました。実際には、専門店の「コットマン」のグリフ型II(116710 BLNR)の販売は依然として火爆をしているが、ロレックスは2014年には完全赤青GMT表輪のグリンベイII(型番116710 BLL)を発売した。
ある意味では、この新しい腕時計は1955年のGMT – Masマスターに敬意を表しています。ロレックスのカキ式専門表の歴史において、ロレックスはパイロット表の競争に遅れ、最終的にはパンアメリカン航空のパイロットとともに専用時計を開発しました。指示は、色が鮮やかで、かなり独特です。
最終的には、ロレックスは、青赤双色表輪を保持するグリン・ウィ治型IIを発売した(もちろん時間が経つにつれて、他の色の時計の表を出したこともある)。2007年ごろ、ロレックスは百事圏を操業停止し、その後、ロレックスが全線GMTYをすべてCerACH ROMの時計圏に変えた。素材によると、陶磁器は、従来のアルミニウム合金よりも改良されているに違いないが、2008年までに、ロレックスは黒と青以外の色の陶磁器を生産している。
ロレックスは2010年に緑の表輪を出した水鬼で、2013年には第1枚の色調陶磁器1枚を発表したグリーン・ウィ治型IIを発表した。肝心のイノベーションは2色の単一の陶磁器を焼く。この過程はとても複雑で、陶磁器の焼結過程の中のある特別な化学工芸に関連します。時計の焼制の前にどんな色があるか当ててもらえますか。

カテゴリー: NEWS パーマリンク