「マングローブ林保全活動」をカンボジア カンポット州で10月に実施-

シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、社長:戸倉 敏夫)は、創業100周年記念事業として、「シチズン社会貢献活動派遣制度」を制定しました。第3番目のプログラム「マングローブ林保全活動」をカンボジア カンポット州において10月5日から10月10日まで実施します。

第3番目のプログラムは、グループ社員約10名が参加し、10月5日から10月10日までカンボジア カンポット州で実施します。

海水と淡水が入り交じる水域に生育している植物を総称して「マングローブ」と呼んでいます。そこに生息する地上、水中及び土壌内における生物と非生物の相互関係で構成されるマングローブ生態系は、限られた地域にのみ成立する特有のものです。カンボジアでは、港湾の巨大な開発計画や違法伐採が進み、マングローブが減少して生態系破壊が進行し、漁業も大きな打撃を受けています。生態系を支える貴重な環境を守るためには、マングローブ林の保全が不可欠です。

またマングローブ生態系はCO2の吸収源・蓄積場所としても重要である一方、温暖化による海面上昇の影響を最も受ける生態系でもあることから、気候変動に対する緩和・適応策として注目されています。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質3年無料保証、NOOB製スーパーコピー時計、N級スーパーコピー腕時計の2018秋の割引キャンペーン実施中。お問合せ:050-4560-1404 。日系の信頼できるサイト 担当 齋藤 進一

カテゴリー: NEWS パーマリンク