315:時計修理センター業界の暗い影

3月15日になると、私たちはいつも嘘をつくのが当たり前だ。偽物ですか?低質の品物ですか?質の低いサービス?やはり責任の欠如か。私たちもいつも権益を主張しており、権益の主体は、個人消費者ですか?経営者?企業?ブランド品ですか?
上海市中区乙支路(チュング・ウルジロ)のプラザスクエア12階の上海時計センターは昨年末、南京市中区乙支路(チュング・ウルジロ)のプラザホテル12階に所在した傷害市場監視センターを取り締まって取り締まった経緯がある。これらの整備所は、繁華街に設置されており、専門的な機構が表紙に表紙を飾っているだけでなく、スイス代表連合会会員、スイスSMH時計、スイスSMH時計養成所などと書かれている。しかし、これらの機関は、公式的にはブランド品の販売を許可しなかった。大半のブランド、例えば、時計の一種である時計ブランドは、公式の売場で時計修理の問い合わせと後続サービスを受けたことがあり、このような時計修理サービスを申請したことがない。しかし、消費者がインターネット検索ポータルサイトで最も先に検索した検索エンジンが一番先に検索された検索エンジンの偽物は、偽の修理屋の偽の広告だったため、わなにかからなかった。さらに、消費者が偽のお客様とお金をやり取りする際、堂々と身元を明らかにしている。このような偽物のアフターサービスは、消費者の権益に害を及ぼすだけでなく、ブランドについても悩みを引き起こしている。

カテゴリー: 日記 パーマリンク