AHCI正式の会員の馬と旭は夜が明けます

中国の表を作成する師界の幽霊やっと馬と旭の夜が明ける先生を転覆して、時計のが良く考えるのに対してすべて興味に任せて、中国陀はずみ車の腕時計の歴史を書き直しました。

馬と旭の夜が明ける先生は雲南に生まれる昆明の1つの高級な知識人の家庭を出て、少年の時に時計に対して修理して極めて大きい興味が発生します。本職の仕事は技術の技師の彼がよく修時計店に走って先生達がどのように磨き上げて売り払って油の補給を組み立てるかを見るのです。家人の腕時計はほぼすべて彼が手がけて保護を補修したので、同時に腕時計と懐中時計を収集するのをも始めます。2006年、馬先生は雑誌の上の陀はずみ車の腕時計の写真を収集して自分が発生してひとつの欲求をするのを見ています。

単独で陀はずみ車を作ることができるかどうかのが普通な表を作成する職人の間とと一緒に高級の表を作成する師きわめて難しいまたがり越える分水嶺です。通のから彼がこれまで状況で専門の訓練のを受けたことがない師がなくて、雑誌を参照していて自分に属する第ひとつの完全の手作業陀はずみ車の腕時計をして、そして“昆明の1番”(つまり昆明Noと命名します.1)、はこれは時計界で民間用の衛星の誘発した業界に劣らないで沸き立たせます。

北京時計工場の許耀南大家の慧眼は英を知っていて、馬にそして先生はこのつの処女作は極めて大きい認可が彼に北上するように招待するのを与えます。それ以後彼はますます収拾がつかなくなって、そして仕事を辞去して一心不乱に1人単独で表を作成する人をします。

2008年、馬先生は北京腕時計工場で技術を担当して研究開発を招かれます。期間馬先生は中国の初の両軸の立体の陀はずみ車を作って腕時計を表しを司会して、その後また単独で“柱形の立向き姿勢陀はずみ車”、“北京の星空”などを作って駐バーゼル世界の時計の真珠や宝石展の作品に入ります。

2013年―2014年、AHCI招待に応じて数回のスイスへ行くバーゼルの時計展は展示に参加します。
2014年、中国の時計の大家の称号を獲得します。
2015年に馬先生がスイスになって単独で表を作成する師が力を合わせる(AHCI)正式の会員ができて、中国大陸の特別の光栄にこれを得る第1位の表を作成する師になります。

カテゴリー: NEWS パーマリンク