2つの宿敵:愛彼皇室のゴムの木とパテック・フィリップのオウムガイ

しかし、前世紀の60年代の末(適切に言うのが1969年だ)、セイコーは初商用の石英の時計を出します――セイコーAstron、これは全部業界にとってすべて1度の“大きい衝撃”です。

続く10年中で、機械が表すのはほとんど流行遅れになって、石英の時計がもっと安い、更に精確だ、更に流行している、更に取引先の愛顧を受ける、そこで機械の表す販売量が大幅に下がりを招きます。

生存するため、ブランドは必ず異なって、全く新しい腕時計を造り出さなければならなくて、本当にのハイエンド製品を持って、贅沢な腕時計の価格が合理的だとだと証明しに来ます。相手は1972年に出す皇室のゴムの木がまさに代表したのが好きなようです:ひとつのが通常薄くて複雑な正装の表すハイエンドメーカーを作るので、初めて1モデルのステンレスの作るスポーツの腕時計を出して、価格は貴金属の正装に比べて表すことができます。

初め設計皇室のゴムの木の意図はそれに派手で堅固で実用的にならせるので、贅沢なスポーツの表す概念は出現します。このような大胆なハーフバックの方法、市場のさびれているのに遭わないで、かえって無数な人の目を引きつけて、そのためも出産を促してパテック・フィリップのオウムガイの出現、時間は1976年のバーゼルの時計展です。

カテゴリー: NEWS パーマリンク