新しい工夫をこらす動力はディスプレイシステムを貯蓄します

管楽器の音楽家を演奏するのにとって、彼は熟練してい楽器を掌握する前に、最も重要な基礎の道具は彼の“息”です。おなじでの、1枚の3が時計を聞きにとって、力を続けるのも決定的の一環を高く備えるです。L.U.C FullStrike3は時計に2つのぜんまいの箱を配備するのを聞いて、両方とも滑るスプリングの構造で、形は自動的にと鎖のチップのぜんまいの箱に行って、上鎖の動作つまずいてあまりにもきついスプリングに着くようなことはなくて、これは同時にひびが入りを防止することができます。その中の1つのぜんまいの箱は測定時間の必要な運動エネルギーを備蓄して、もう一つの備蓄物はリードの時間を知らせる構造の必要な運動エネルギーを打ちます。そのため、L.U.C FullStrike3は表しに運動エネルギーを使いを伝統を運営して殻の側辺の時間を知らせるてこを表すにエピトープを聞きに来る聞きます。3は機能の動力に専用のぜんまいの箱中で貯蓄するのを聞いて、腕時計を鳴り響くことができます12回の“つぶす時最も長い”の12.59分。もしねじをまいて、大きい直径のバラの金は冠を表して結び付けて水圧車止が欠けて、しかし手動で鎖の動力に行きを冠の回転する方向を表すによって直接順次伝えるべきなぜんまいの箱の中で順次伝えます。

ショパンL.U.C FullStrike3は表しにも1つの精巧な動力を配備するのを2本の同軸ののポインターが構成するからディスプレイシステム、このシステムを備蓄する聞きます。1本の金色のポインター、チップの動力が状態を備蓄するのを表示して、別の1本の青いポインターは何回の時間を知らせる鳴り響く機能をスタートさせることができるのを表示します。しかしこの動力備蓄物のディスプレイシステムは情報を与えるだけではなくて、これも当腕時計が多くて安全で構造の中の一つの基礎を防護するです。

カテゴリー: NEWS パーマリンク