6つの腕時計の専門用語は解析して、起きて姿勢を上げる

私たちには、よく知っている人に親密なニックネームをつけるのが好きです。時計界でも例外ではありません。「ゾンビ」は江詩ダントン、「デブ海」はペナニー、「水鬼」はロレックスの潜航者シリーズ、そして万国の「大飛ぶ」、積み立て「小恥」……。
同じシリーズではないが、似た形で同じ「ニックネーム」が与えられている。今日は皆さんと6つの一般的な時計の用語を共有し、何人かの「ニックネーム」も含まれています。
1
赤12
表盤の上で12時位置は鮮やかな赤、通称赤12。「赤12」の由来は、現時点では一時的な定説であるが、一戦の時期には、参戦官兵が身につけやすい腕時計の時期に重要な特徴を持つという説がある。
当時の懐中表は腕時計に改型していたが、その際にマークされた位置は現代の表盤の形とは全く異なるが、12時には腕時計の中部偏正の位置にある。早期の腕時計教調装置の設置や、当時の観表の習慣に迎合するため、12時には現代腕時計の3時札または9時の落札所として表示されます。
12時に腕時計に対する重要性を考慮し、視聴時のエラーを回避するために12時に目立つ赤の色に染めた。一般的には赤で、青の青12表もあります。
だからこそ、便利できれいな特質なのだから、それが骨董品の中で残っていて、今まで伝わってきた。今の市販の赤12腕時計は記念金や特別金として、それぞれ特色かつ味わいが独特である。
2
パンダ盤
時計の中には、「パンダ盤」というシンボル的なデザインがあります。パンダ盤は、メインディスクと副ディスクの間では対照的な色がぶつかり、独特のデザインを形成しています。年代にかけて、カウントダウンは徐々に風靡してきたが、理由はレーサー運動の熱狂で、カウントダウンという特殊な時間記録ツールを動かした。
第1の場合、最も正統なパンダのディスクであるとされています。つまり、表盤の底の色は白色で、3 / 6 / 9時位置の副表盤は黒です。パンダの顔に似ていて、黒い副皿はパンダの2匹の目と鼻のようで、色や形の上でパンダときわめて似ています。あるいは表盤は2つの副皿だけで、鼻の位置の副皿はカレンダーを使って代わり、またパンダ盤である。
第2の場合、第1の場合とは正反対で、表板の底の色は黒色で、3つの副皿は白色である。このデザインは同じように流行していて、パンダ盤とも呼ばれていますが、パンダ盤は、デザインのインスピレーションがパンダに由来するわけではないので、このようなデザインは鳴らないと言われていません。あるいは、表にカラーのコートをつけて、腕時計を豊かに見せる。
もちろん、3つ目の場合、つまり副皿は6 / 9 / 12時に位置していて、白底と黒底の二つの場合もあります。このようなパンダ皿は、横に見てみると似ているが、主流の言い方では、パンダ皿に分類する。
3
3針一線
三針一筋の時計も標準の指針と呼ばれています。その特徴は、時計の時計の針、針、秒針のそれぞれ1つの刻度盤の単独のカウントダウンを占めていますが、3本の針の尾はすべて12時から6時まで連成する直線の上で、それは「三針一線」と呼ばれています(もちろんあるブランドの非一線的なデザインを排除していません)。
しばらくはそれぞれの職責があって、儀礼感はとても強く人に忘れられない。それは中央の針で分を指示して、時の針と秒針を時間を示すように分けて、このような装置は最も早く17世紀の航海の鐘の上に現れます。
三針根が分立しているため、運行時に互いに干渉しなくても、正確さも大いに向上し、この機能は天文と観測の分野で重要な席を占めており、早期の高級腕時計のシンボルにもなっている。同時に、専門家の表師は他の時計の時間の使用を校正します。
4
「独眼竜」表
「独眼竜」の時計は、実はジャンプ時の時計です。跳ねる時の時計の表面には小さな窓が12時間の中のそれぞれの時間を指示して、分針は60分を経過して、その窓は次の数字を突き出すことができます。ジャンプ時表の原理は、伝統的な針を回転できるデジタル盤に変え、デジタルディスクの運転で異なる時間を表すことである。
現在のジャンプは18世紀のイギリスのGeorge Graramaで、1740年ごろに彼はシリーズのリガーターClo砲(三針一筋の精密な対時で天文標準鐘)を作り、その中には小視窓にデジタル転盤をつけて時間を表示し、今日のジャンプ表の始祖となる。つまり「三針一線」の基礎に、時間用ウィンドウを単独で表示することになります。
5
プラネタリウム
プラネタリウムを持って展示されている時計は、表の底に展示されているものもあります。
一般的な星象の時計は北半球の年の星と星座の位置を表示することができて、時計は現地の星象の位置を設置することができて、時間が経つにつれて、星象が回ることができます。
6
カロ素
カロチンは、デンマーク籍製表師バナ・バーニー・ソン氏が1892年に発明されたもので、ツンドラと同じように地心の引力に対抗できる、価格が人に受け入れられる特殊な捕まり機構を創出したい。
しかし残念なのは、カロゲン腕時計の製造と発展がイギリスに集中していることによって、イギリスの製表業は当時長足の発展を遂げていなかったため、徐々にカロゲンの生産も姿を消しつつある。
カロチンが人々の目に映るのは、2008年にバーゼル時計展に初登場し、当時世界で初のカードロイド時計となったのも、史上初の1分間のフライトカードロイド表でもある。
基本的な原理:カロゲンは、縦の軸をめぐる枠組みの上に、縦に回す仕組みを搭載する。固定ギアを設けず、2つの独立して補完する運転の車輪があり、この2つは第3の歯車が牽引している。つまり、二重歯車の連動チェーンにおいて、一つはフレームの回転を制御するものであり、また一つは縦横のシステムに動力を提供するものである。
カロゲンとツボの違いは主にあります。
1、ドッダの回転速度は通常、カロリンよりも速いです。
2、ドッダの遊輪は通常フレームと同心で、カロ素は偏心(同心)になる
3、ツボは固定輪、カロ素が固定輪がない
以上は簡単な判断基準としてしかできませんが、例外的な状況になっています。

カテゴリー: NEWS パーマリンク