高振のしきりにのが精密で必ずGrandSeikoシリーズを表現して自動的に鎖の高振に行ってしきりにGMT機械が表します

Hi―Beat36を搭載して、000は高振しきりにGMT(両地時間)のチップを回転して、精密で正確な度は+5に達して―3秒の/日に着いて、いっぱいな鎖の状態の下で連続して幸運で55時間続くことができます。12時の位置だけあるクラシックの“SEIKOSTYLE(セイコーの風格)”の両バンディングの目盛り、多い面の切断する時間の目盛りとポインター、殻を表してきめ細かいすべての手作業の“Zaratsuといし車が臼法を投げる”を採用して磨き上げて、腕時計のきらめく高い質感の光芒をさせます。24時間のGMT(両地時間)のポインター、両標準時区として単独の調整を行うことができるのを表示します。白色の時計の文字盤の青いGMTポインター、黒色の時計の文字盤の赤色GMTポインター。青くて白くて、赤と黒の間違う色はぶつかって、白黒の美学の風潮を大いに行って、簡潔に優雅です。

カテゴリー: NEWS パーマリンク