「芯」で腕時計メーカーを選んで芯を決めるのは「しっかりとした時」

時計メーカーに時計を作ってみると、何かの機軸があるのか、スイスの機軸ではないでしょうか。どんな時計でも「スイス芯」の3字は「免死」という金メダルのように、スイスの芯を聞くと、心の底から無名な信頼を生む。スイスは「時計王国」と呼ばれ、製表技術は周知のようだ。では、着実に腕時計メーカーが定めた機軸はどうですか。スイスのモットーは本当にいいですか?
取引先で時計を作って腕時計をしたいと思っていたお客さんは、スイスの時計が歩いている時しかないのではないかというと、このお客さんは機械表についてあまり理解していないだろうと思っていたのですが、実は影響を受けた時の精確なものは産地の原因ではありません。長くてもスイスの時計がほしいですが、科学の進歩につれて、他の国の機軸の品質レベルもかなり高いです。
例えば、日本の機材は品質が良くて、その上価格はスイスよりも安いです。国内の機軸の生産レベルはずっと向上していると言っても、その進歩の空間はまだ大きいです。時計メーカーは、あなたが何をしようとしてもいいのですが、一般的には、日本の機軸を使うことをお勧めします。一方のハードウェアはスイスの差よりも、日本のコアを選んでコストを節約できる。

カテゴリー: NEWS パーマリンク