ポテンシャル時計の知識:石英表でよくある故障問題

1、秒針が倒れている現象、これは主に定子片の幾何学のサイズが変形しているか、あるいは定子の材料の内部が変化して、それによって磁力線が変化のでこぼこを発生させることが問題であることは秒針の倒れた主な原因であり、定子を交換しなければならない。
石英表
2、歩く時、主に路線板の中で石英の共振器の周波数が変化して、その原因は石英の共振器の2つの管脚の松動または石英の共振器の密封管はよく密封されていないので、すべて石英の共振器の周波数を変化させることができます。もう一つは、IC回路において、制御精度システムが問題になり、石英の共振周波数を変化させることができる。
3、石英表の電池は1年足らずでもう電気がなくなって、まず電池の要素を排除して電池の使用年限を制限して、その次は機軸の内臓、潤滑油が涸れて、機械の伝動系の摩擦係数が増大して、電池の使用年限が足りない主要な原因をもたらすのです。
4、石英表が歩く時は遅いことがあって、主に機軸の内臓、転子の表面に金属が削られているか、あるいはコイルの内部には短絡現象があって、これは機械のコアに対して給油して線の板を交換します。
石英表はどれらのよくある故障がありますか?石英表は定期的に電池を交換し、電池の時間を交換すると同時に密封圏を交換し、防水テスト(一般電池の消費電力は1~2年限り)。一部の時計は電池の提示機能を交換することがあります。

カテゴリー: 日記 パーマリンク