機械表は原因を止めますか?機械腕時計のメンテナンス

機械表が原因を止める
機械の腕時計は、自動陀によって任意の方向に回転することができます。腕時計を手につけるだけで、腕運動によって自動陀也が回転してエネルギーを生む。普通の全機械腕時計は、毎日8時間以上手につけてこそ発条エネルギーを補うことができるが、決して絶対ではない。
機械表
休日にも機械表をつけて、手につけるだけで、発条を続けてエネルギーを補充して、時計を止めることはできません。現在一般的に事務室の仕事をしている人は、機械の腕時計表が常に立ち止まる現象が発生しており、機軸の原因のほかに、自分の着用者の運動量が不足しているため、発条に十分なエネルギーを補うことができず、このような原因に属しているように手を使って発条する方法を補うことができる。
機械表のメンテナンス細則:
1、機械表の補修単位で行われた補修や変更は、修理交換の部品に対して許可単位の所有になる。
2、非機械表に授権された補修ポイントが製品の開き、改装によって発生した製品の失効は、本保証範囲内にありません。
3、機械表の包装内の製品によって保護説明を使用して、保証期間はベルト、表の外観の正常な磨耗、接触が含まれていません。
4、機械表は温度が非常に高いか、あるいは極めて低い環境で暴露して、表冠がしっかりしていないなどの状況を暴露して、すべて湿気が表内に入って液体に入ることを招きやすくて、不適切な操作はすべて機械の時計の保証の範囲内に属していません。
5、機械の時計の証明書、機械表の保証カードなどの書類を適切に保存してください、自分で表殻と電池の後のふたを開けないでください、それによって有効で完璧なアフターサービスを得るために、保護証憑や削除によって変更された場合、当社は保証サービスの提供を拒否する権利を保留します。

カテゴリー: NEWS パーマリンク