もはや時計のスタンダードになるのでは?

この秋、さまざまなアップル製品を手に入れたのだが、最もお薦めなのがApple Watch Series 4だ。初代のApple Watchは動作が遅かったり、電池の持ちがイマイチだったりしたが、世代を重ねて完成度は相当向上した。

 もはや、動作の遅さを感じることはほとんどなく、アプリはサクサク利用できる。おサイフケータイも内蔵しているので、電子マネーなどでの支払いは単体でOKだし、交通系ICカードで電車にも乗れる。LTEを内蔵した上位の「GPS + CELLULARモデル」(5万6800円)なら、ジョギングやサイクリングに出かける際、iPhoneを持っていなくてもメールやSNSをチェックしたり、通話したりもできるのだ。

 Apple Watch Series 4は、大幅なリニューアルで本体サイズが大きくなり、表示エリアが大きくなったのも改善点だ。新しい文字盤の「インフォグラフ」を利用すれば、時間に加えて、天気やスケジュール、紫外線量などさまざまな情報がひと目で分かる。表示する情報のカスタマイズも可能で、タイマーを素早く使うことも可能だ。

 あくまでも個人的な印象だが、最近は高級時計よりApple Watchをしているほうが、センスの良い人に思える気がしてならない。分かる人には分かる――と願っている。高級時計ロレックスコピー時計に比べれば価格も安価で、ボーナスで買うご褒美には最適だ。

カテゴリー: NEWS パーマリンク