ロレックスは代弁者のロジャー・費のドイツを謹んで祝って彫って第18項のグランドスラムを勝ち取ります(GrandSlam) 優勝

ジュネーブ、2017年1月29日に(日曜日)―ロジャー・費のドイツは(RogerFederer)を彫って再度テニス界の歴史を創建し営んで、第5回は全豪オープンテニスのチャンピオンを勝ち取って、その職業の生活の第18項のグランドスラムをも勝ち取ります(Grand Slam?) 優勝、業績が、に並外れている人はいませんおよび。

2010年からアンディ・穆雷(Andy Murray)を打ち破って優勝を勝ち取った後に、これはドイツがかかって第6回を彫ってメルボルンで男子シングルスの決勝戦に登るので、それが初めて羅徳で肥沃な球場(Rod Laver Arena)を引き延ばして試合するのもです。こちらのスイスのチャンピオンと敵のラファエル・納達爾(Rafael Nadal)は5皿苦戦して、相手に辛勝して、その史の上で偉大な選手の地位を打ち立てます。

2001年から、ドイツがかかって彫ってずっとロレックスと協力します。少しも疑問がないで、彼はテニス界の傑出している人物で、業績が光り輝いて、世界一の総週間数に位置して302週間に達しのでことがあって、その中は2004年に2月~2008年8月に更に連続して237週間テニス界の名選手の玉座を堂々と占めます。

2003年に全英オープンテニスで初項のグランドスラムを勝ち取ります(Grand Slam?) 優勝の後で、ロジャー・費のドイツは彫って絶えずスポーツの成し遂げる頂上に上がって、スポーツ界の模範であることができます。彼の超卓は成し遂げて、テニス界のために栄誉を高めるだけではなくて、更に彼崇高な地位を有して、甚だしきに至っては球技界の以外に尊重を受けます。その他のロレックスのスポーツ界の代弁者が全く同様で、例えば亡きゴルフの有名な学者のアーノルド・ハンカチの尓は(ArnoldPlamer)、スキーの達人の簡単な―クロード・基の利(Jean―Claude Killy)と伝奇に黙って運転手のジャック・スチュアートの勲爵位(Jackie Stewart)を競って、ロジャー・費のドイツはいつも皆さんの絶と達人を突いて同列に論じるのを彫って、各界のエリートの間でいつもしっかりしてい1席を守りができて、そして全世界で公認を得ます。

ロレックスはドイツがかかりと彫って互いを評価して、志と信念が一致して、そのため長い協同関係を創立しました。少数のスポーツ選手しかないのは彼とと同じに優秀ですばらしくて、そして並外れているで崇高な声望とありのままにロレックスのブランドイメージを代表します。

ロレックスはロジャーの歴史的重要性を謹んで祝って第18項のグランドスラムを勝ち取ります(Grand Slam?) 優勝、そして全力で支持して、彼の並外れている旅に続きます。

カテゴリー: NEWS パーマリンク