アークドロ北京株式会社精品店は華麗に咲いている

スイスの豪華な腕時計ブランドのアクドロ(Jaacet Droz)は、北京のアジアの新概念の精品店を誇示した。アークドログローバル副総裁兼販売総監のマーク・アレン氏、アークドロ中国区副総裁の陸興衛氏、北京新株式会社不動産有限会社北京事務所の首席代表、北京新東安有限会社総経理の胡志強さんと北京新東安有限会社のデパートのレンタル事務副総経理のジュンヌさんが開幕式の現場に出席した。オープン当日には、ブランドの特売ではアークドローロのマイクロ絵師が、小絵エナメルの工芸をゲストに演じ、現場でアクドロが凝っていた至福の制表工芸と数百年の時計文化の根絶を実感させた。
左から右へ:北京新東安有限会社のデパートレンタル事務副総経理のジュンゼさん、北京新有限不動産有限会社北京事務所の首席代表、北京新東安有限会社総経理の渡辺志強さん、アークドログローバル副総裁兼販売総監のマーク・アレン先生、アークドロ中国区副総裁の陸興衛さん
北京の王府井街の心臓地帯に位置する百年の年老いた字号、北京市場は、北京で最も有名なおしゃれなショッピングスポットの1つである。1738年のアークドロとは、数百年の歴史文化を持つ王府井街との利益を得て、ブランドの画巻のような歴史がここに続いてすばらしい一筆を増やすことに由来しています。アークドロは常に設計、材質、プロの芸、マイクロ絵エナメル工芸、金箔の彫刻の工芸、彫刻は芸術、自動人形の芸などを刻んで、これらと精密な時計の機械を融合させます。そして、ブランドファンのために多くの喜びをもたらすコア理念も、ここで卓越した詩的な表現を得ることができる。ここでは、中国とアークドロの間に続く数百年の縁として、また堅固な一歩を踏み出した。

カテゴリー: NEWS パーマリンク