東芝は小型のeMMCを発売します。未来はスマートウォッチに使います。

MWCに展示されている製品を見ると、折りたたみ式携帯電話以外に、よりコンパクトな装着可能装置が注目されています。東芝はMWCにフラッシュメモリを出展していませんが、小型のeMMC 5.1を公式サイトで発表しました。
東芝が発売したJEDEC eMMC 5.1フラッシュメモリはBiCS Flash粒子を採用しており、ロレックスコピーこの粒子の特徴は体積を小さくすることができ、記憶容量がより大きく、同時に消費電力がより低いことである。これらの特性から、スマートフォンやスマートウォッチなどのモバイル機器にも最適です。
東芝は16 GB、32 GB、64 GB、128 GBの4種類の容量を提供しています。性能データは公開されていません。出荷時期については、4つの容量のフラッシュメモリが2019年第3四半期に出荷できます。
スマートフォンはますます小さくなり、内部空間はより貴重になります。コアチップはより先進的なプロセスによりチップの体積を減少させながら電力消費を低減する。この考えはフラッシュメモリにも当てはまる。eMMC 5.1の速度は一般的であるが、モバイルデバイスにとっては、より小さな体積とより低い電力消費がより重要である。

カテゴリー: NEWS パーマリンク