去年のQ 4グローバルスマートウォッチの出荷台数は1820万台に達しました。

具体的には、アップルは依然として世界最大のスマートウォッチメーカーで、そのApple Watchは昨年4月期に920万個を出荷し、この四半期の全世界出荷量の51%を占め、2017年同期の780万ブロックから17.9%伸びた。
Apple Watchは昨年4四半期の出荷台数が世界の半分を占めましたが、アップルは世界のスマートウォッチ市場でシェアを落としました。Strategy Analyticsのデータによると、昨年第4四半期のアップルスマートウォッチの世界シェアは50.7%で、前年同期は67.2%と16.5ポイント下落した。
2018年全体でアップルは世界のスマートウォッチ市場でシェアが下落し、2018年は50%、2017年は60.4%となった。
他のメーカーでは、サムスンスマートウォッチは昨年4四半期に240万個を出荷し、2017年同期の4倍で、佳明(Garmin)を超えて世界第二の大智能ウォッチメーカーに昇進し、年間の出荷量も2017年の310万元から530万元に増加しました。
Fitbitは昨年4四半期の出荷量も同期比で明らかに増加し、2017年同期の50万元から230万元に増加し、市場シェアも4.3%から12.7%に増加し、出荷量と市場シェアは第3位で、アップルとサムスンに次ぐ。
佳明智能腕時計は昨年4四半期の出荷量も増加しており、そのスマート腕時計は昨年4四半期の出荷量は110万元で、2017年より40万元増加しましたが、その増加幅はサムスンとFit bitに及ばず、これも第4位に滑り落ちました。

カテゴリー: NEWS パーマリンク