アコードが発表した新たな熱帯風情時報鳥三問の中国特別版。

今日は北京で盛大に開幕しました。热帯风情报を発表した時に、鳥は腕時計を聞きました。この臻品は全世界で一枚しかないです。ブランド誕生280周年の時に、独特な工芸と工夫を携えて、世界に誇る限定モデルです。アコード・ディアングローバル社長(Christtian Lattman)さん、ヤック・デラ中国区副総裁の陸興衛さんとブランドの特別招待ゲスト、主流メディアの皆様が現場に来て、この輝かしい瞬間を共に目撃しました。
アコード・ディアングローバル社長(左)と中国区の陸興衛副総裁(右)が共同で新型熱帯風情新聞の時報を発表した。
今回の新製品発表会の現場は、活気に満ちた熱帯的な雰囲気を醸し出しています。ゲストは熱帯雨林の中にいるようです。現場は熱帯植物の引き立てによって、精緻な鳥かごと時間の歯車が交わされています。光の輪のきらめきの間には、鳥のさえずりと鳥の羽ばたきの音が聞こえてきます。これは光と時間の華麗な楽章であり、また、雅克徳羅の意匠設計と芸術美学の完璧な結合でもあります。
今回発表された新しいモデルは、柔らかい緑の茂みの中で、緑のクジャクが華麗にスクリーンを広げている姿を見せ、クジャクDrozの驚くべき工芸造詣を示しています。ブランド芸術工房は文字盤に自然主義の活動劇の幕を描き、羽が鮮やかな緑のクジャクが青々と茂る緑の森の中で華麗にスクリーンを広げています。

カテゴリー: NEWS パーマリンク