Apple Watchの第3四半期の売上高は、データの3倍近い違いを疑っています

両社は、スマートウォッチをサードパーティ製アプリケーションを実行できるウェアラブルデバイスと定義しているため、それらが数えるデバイスの種類に大きな違いはないはずです。

ただし、両社の大きな違いの1つは、第3四半期のApple Watchの売上です。 IDCの見積もりでは、Apple Watchの販売台数は第3四半期の110万台から71%減少した。一方、Canalysの推定では、この数字は280万台で、IDCの3倍の見積もりに近い。

Canalysのアナリスト、Daniel Matte氏はインタビューで、Apple Watchの280万台の売り上げは、ロレックスコピー「100%正確」といういくつかの情報源から確認されたと主張した。彼はまた、第3四半期のApple Watch 280万台の売上は「前年同期をわずかに下回ったが、格差はそれほど大きくない」と述べた。彼は、Canalysの2015年第3四半期におけるApple Watchの売上予測を開示していない。

Canalysによると、2015年にAppleは1,200万台のApple Watchesを販売したが、これは多くのアナリストや市場の観察者が予想するよりもはるかに少ないという。 Canalysは、今年Appleが1000万台のApple Watchを販売すると予想している – 昨年よりも低い。

マット氏は、「市場は非常に微妙だ。スマートウォッチの成長モメンタムは人々の期待とは異なる。当社の数値は他のアナリストと対立しており、彼らのデータよりはるかに高い。スマートウォッチ市場に急落はないと思う」と述べた。

IDCのアナリスト、Ramon Llamas氏は10月24日の声明で、スマートウォッチの売り上げは「プラットフォームとメーカーの再編を反映して急激に落ち込んだ」と述べた。 Appleは9月末に第2世代のApple Watchをリリースし、Googleは来年までAndroid Wear 2.0のリリースを延期したが、9月にSamsungによってリリースされたGear S3はまだ発売されていない。

IDCのアナリスト、Jitesh Ubrani氏は、スマートウォッチの目的は明らかではないことを昨年繰り返し指摘してきた。同氏は10月の声明で、「スマートフォンとは異なるスマートウォッチ体験を作ることが重要だ」と述べた。

カテゴリー: 日記 パーマリンク