色|名前表2019年に時計を購入するのに最も費用対効果の高い国はどれですか?

SIHH 2019の後、私は南フランス、モナコ、そしてロンドンに行きました。私が最初に家に着いたとき、私は書き始め、この旅で見たことと聞いたことを共有したいと思いました。したがって、今後数週間で、 “南フランスアルプスミシュラン”、 “米サムスンを食べに行くために4時間ロンドンの黒米のタクシー”、 “フランスの自家製グラース香水”、 “モナコの冒険”、 “検索私はSavile Rowで2年間オーダーメイドのスーツを着ていて、一人一人あなたに会います。

しかし、この長い物語は時計のお気に入りの時計から始まります…

「中国本土以外での高級時計の購入は、価格面で有利です。」価格戦略、為替レート、関税などのために、この文章はファンのコンセンサスとなっています。しかし、そのうちのいくつかしかありませんが、知っている人はほとんどいません。この質問に答えるために、私は2017年2月に「時計のグローバル購入に対する税金の払い戻しの完全版」を書きました。その中で、データによると、イギリスは海外で時計を購入するのに最適な場所です。しかし、2年が経ちました、そして、リストは参照として使われなかった、そして更新される必要があります!

この目的のために、SIHH2019スペースへの短期間の参加を利用して、私は特にPatek Philippe 5146R(国内価格は303,000元)の公の価格について尋ねるために最も心配していた国と地域に行きました。次に、税金の払い戻し率と為替レートを掛けることで、さまざまな国と地域の中国本土で時計の価格を得ることができます。

カテゴリー: NEWS パーマリンク