10万円アンダーのユニーク腕時計、第1回“PICTO(ピクト)

腕時計専門出版社の編集になって2カ月。有名ウオッチブランドのロレックスやオメガから、ジャパンブランドのセイコーやシチズン、もちろん私が名前も知らないブランドまで、この短期間で様々な腕時計を見てきた。

腕時計の知識がゼロの状態で入社した私がまず驚いたのが普通の時計とは少し変わったデザインの腕時計たち。“時計の絵を描いて”と言われたらまず普通の人は円を描き、その真ん中に2本の針を描くと思う。けれど腕時計の世界は奥が深いもので、その形に留まらないデザインのものがたくさんあることを知った。そんな腕時計の意外な一面を知った私は、他にはどんな変わったデザインの腕時計があるのだろうかとワクワク感が止まらなかった。

そこで、新米編集者の私がユーザーの方と同じ第3者の目線で、“ちょっと変わった面白い腕時計”をこれから毎週紹介していきたいと思っている。しかも、腕時計はこの私でさえ頑張れば手の届く10万円アンダーのものをセレクトしていく。時計に興味がある人もそうでない人も、これを機会にぜひユニークなデザインの時計に少しでも興味を持っていただけたらうれしい。

そして、1回目の今回女性ユーザー向けに紹介するのは1984年に誕生したデンマークウオッチブランドの“PICTO(ピクト)”。

カテゴリー: 日記 パーマリンク