乗せ心地で検証する“腕なじみ”いい時計

時計が装身具となり、何が大きく変わったのか? 形か、色か、あるいはムーブメントか。実は大きく変わったのは、装着感なのである。時計のラグ(ベルトを留める角状の部品)は下に大きく曲がり、近年では裏蓋にもカーブがつくようになった。加えて今年は時計が薄くなり、フィット感はますますいいものになろうとしている。時計の装着感を決めるのは、サイズや重さに限らない。優れた設計こそが、心地よさのカギなのだ。

カテゴリー: NEWS パーマリンク