おたくの細道「ジャケ・ドローの作品にみる『オートマタ』の深遠な世界」

オートマタの起源は、12世紀ヨーロッパで誕生した機械仕掛けの西洋人形に遡る。13世紀にはオートマタの重要な要素であるカムシャフト(運動の方向を変える複数のカムを備えた軸)が発明され、人形はより自在な動きをすることが可能になった。初期の代表的なオートマタは、時計台の鐘を鳴らす時計人形やオルゴールに近い自動演奏楽器などであるが、18世紀に入ると、水を飲み、羽ばたき、さえずるといった高度な動きの「シンギングバード」も開発された。

オートマタの進化は、時計の発展とも無縁ではない。両者とも自動の装置であり、実際に多くの時計職人たちがオートマタの製作に携わる。なかでも有名なのがスイス人時計師のピエール-ジャケ・ドローだ。彼は1758年にスペイン国王に招聘され、現地で成功を収めて大金をつかんだ後、スイスに戻ってオートマタの開発に没頭する。そして70年代、歴史的な三部作を発表した。

その一つ目は、2000個のパーツからなる「画家」。“ルイ15世の横顔”、“ルイ16世と王妃マリー・アントワネット”、“犬”など4つのデッサンを3次元的な手の動きで精緻に描くばかりか、作品の上に息を吹きかけ、鉛筆の粉を取り除く動作まで行う。二つ目の女性オルガン奏者をモチーフにした「音楽家」は、息子のアンリ・ルイが作曲した5つの曲を演奏。オルゴールでなく人形自身が音を奏で、胸部を上下させる呼吸の動き、手や上半身の動作に合わせた瞳の動きも緻密に再現する。三つ目は、40個のカムと6000個のパーツを擁す、最も複雑な構造の「文筆家」。4行に分かれた40文字の文章を書くことが可能で、カムの交換により文章も変更でき、時折インク壺にペンを浸け、余分なインクは落とし、さらに目線はしっかりとペン先やインク壺を追う。

パネライスーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。パネライコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。連絡先:050-4560-1404。

カテゴリー: NEWS パーマリンク