才色兼備、Plus Watchスマート腕時計

前書き:今の市場では、スマート下着、スマートメガネ、スマートブレスレット、スマートシューズ、スマートウォッチなど、身の回りで使えるものは工夫してスマートな概念を加えられています。しかし、アップルがApple watchを発売した後、スマートウォッチは現在の着用可能な設備の中で最も未来のトレンドを代表する製品となりました。スマートウォッチもたくさん見ました。今年は各メーカーのスマートウォッチも同じぐらい長くなりました。ますます同質化しています。時々そのメーカーのものだと分かりません。個人的にはどのようなスマート製品でも、まず自分の仕事を完成させ、知能について話します。スマートフォンでいえば、スマートフォンは初めて世に出た時に多くの機能を持っていますが、電話ができない、あるいは電話機能体験が伝統の携帯に及ばないなら、失敗するに決まっています。今日は伝統的な腕時計メーカーの金百達が発表したスマート腕時計「Plus Watch」を見に来ました。
外観から見て、Plus Watchは私達の最もよく見る伝統的な石英表と似ています。ステンレスの材質を採用しています。実際には石英走針表の芯を備えたスマート腕時計です。石英表の基礎に独自のスマートセンサーチップを入れています。石英コアとスマートモジュールを分離できます。電気を供給して、腕時計が充電を忘れることはできなくて、時間さえ見ることができないばつが悪い情況。Plus Watchはブラック、ゴールド、グレーの3色があり、ビジネス寄りの革製のバンドと円形の文字盤を使っています。ビジネスモデルは十分です。背中には心拍検出機能を備えたほとんどの腕時計と同じように、脈拍検出センサーがあります。

カテゴリー: 日記 パーマリンク