時間をかけて加速:ブレゲタイプXXII 3880ST

Cal。589Fムーブメント、スイング周波数最大10Hz(72000回/時間)直径44mm、ラウンドステンレススチールケース、60分ダイヤル付き双方向回転ベゼル、酸化ブラックダイヤル、ブレゲのサイン付き、蓄光針アワースケール、100メートル防水、レザーストラップ

時計の秒針が1週間ダイヤルで動くのに60秒かかりますか?ブレゲの時計職人の素晴らしいアイデアと微妙な職人技の下では、この質問にはまったく異なる答えがあります。

昨年はタイプXXウォッチの登場50周年を記念しており、今年はフランス海軍空軍が100年にわたって設立されたちょうどその年です。この目的のために、ブレゲはフランス空軍向けにこの伝説的なクロノグラフ時計スタイルを再解釈し、現代の技術に続いてブレゲタイプXXII3880STクロノグラフを導入しました。この時計には、シリコン脱進機とフラットスプリングを備えたブレゲクロノグラフムーブメントが含まれており、スイング周波数は10 Hz(1時間あたり72,000回の振動)に増加し、これも世界的な技術革新です。この技術の適用により、ブレゲタイプXXII 3880STクロノグラフのムーブメントには比類のない調整が施されています。クロノグラフの秒針は30秒ごとに文字盤の回転を完了することができ、時計のタイミングもこの技術によって適用されます。起動機能とタイミング精度が倍になりました!さらに、移動構造にシリコン材料を使用すると、ガンギ車やフォークなどの脱進機の可動部の重量を効果的に軽減でき、同時に過度に高いスイング周波数によって引き起こされる潤滑の問題を回避できます。

時計のスイング周波数の増加は、ブレゲタイプXXII3880STクロノグラフの文字盤のデザインにもいくつかの変更を引き起こしました。一般的なクロノグラフと比較して、ブレゲタイプXXII3880STクロノグラフの最も重要な変更点は、時計の目盛りの分割です。文字盤の内側の文字盤は赤と白に分割されています。赤と白のクロノグラフ秒針がレッドゾーン(0〜30秒)にあるかホワイトゾーン(30〜60秒)にあるかにかかわらず、現在の時刻を明確に理解できます。ダイヤルの中央にあるもう1つの赤いポインターは、30秒ごとに1フレーム進み、分をカウントします。

カテゴリー: NEWS パーマリンク