誇り高きナビタイマーの遺産を後世へ

この新しいタイムピースはリ・エディションシリーズ第一号です。今後も新モデルを順次発表していきます。ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションは、多くの崇敬者を持つ初期ナビタイマー、ブライトリングRef. 806のデザインコードを細部に至るまで忠実に再現したクロノグラフ。ダイアルはオールブラック、サブダイアルはトーンオントーン、回転ベゼルにはビーズ装飾が施されています。

ブライトリング ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションは、時計製造の歴史の中でも特に印象的な遺産を直接受け継ぐモデルです。この特有なデザインの生誕年を記念し、ケースバックにシリアルナンバーを刻印した合計1959本のリミテッドエディションとなっています。豊かな遺産を受け継ぐブライトリングは、今後もブランドが残してきた自社の重要な足跡を記念するモデルを創作していきます。

ブライトリングのジョージ・カーンCEOは、この新作が熱狂的なファンを得ると確信しています。「昨年は、ブライトリングが受け継ぐ遺産に大勢の方々が常に情熱を注いでくださっていることや、新モデルだけではなく、未来に残すべき遺産や歴史あるタイムピースに対する関心も非常に大きいことを知り、とても感動しました。新しいブライトリングファンや数十年にわたって当ブランドを追い続けてくださっている方々にとって、ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションは伝説に富む当社の歴史のひとコマを手に入れ、自分だけのピースを楽しんでいただける絶好の機会となるはずです」

1952年に初めて開発されたブライトリング ナビタイマーは、ブライトリング屈指のアイコニックなモデルであるだけでなく、時計業界全体を見渡しても数少ない真に伝説的な存在となっています。20世紀を代表するこのクラシックなモデルは、成長期にあった航空事業やスカイスポーツの市場のニーズに合わせて製造されたもの。それから65年以上が過ぎ、21世紀に入った今もナビタイマーの人気は衰えることがありません。飛行中に欠かせない重要な計算が行える回転計算尺を搭載したナビタイマーは、当時、パイロットがすぐに活用し出し、特に米国のオーナーパイロット協会AOPAに重用されました。1960年代には、ジャズの大家マイルス・デイヴィスやF1チャンピオンのジム・クラークなどの著名人が愛用したことから、ステータスがさらに高まりました。

カテゴリー: NEWS パーマリンク