ブライトリング ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディション:細部へのこだわり

ブライトリング ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションは、1959年版ナビタイマーのデザインを細部に至るまで丹精を込めて再現しています。インスパイアの元となったオリジナル同様、ダイアルはオールブラック、サブダイアルはトーンオントーン。そして1959年版オリジナルRef. 806に見られる大きな特徴と同じく、ダイアルには大文字で書かれたブライトリングのネームの刻印とウイングロゴが施されています。このウイングにはAOPAのロゴは入っていません。このAOPAのロゴが入っていないウイングはヨーロッパ市場向け。アメリカで販売されていたモデルには、AOPAのロゴが入っていました。このことはあまり知られていない事実です。http://www.jpeshop777.com/

ナビタイマー Ref. 806 1959 リ・エディションの回転ベゼルは、1959年版モデルと全く同じように、94個のビーズで装飾されています。ベゼルを囲むこの小さなビーズの数は、オリジナルのナビタイマー Ref. 806が生産されている間にさまざまに変化しました。例えば1950年代初期のモデルには125個ありましたが、1960年モデルには93個しかありません。これはごく小さなディーテイルのように思えるかもしれません。しかし、歴史に残る腕時計の愛好家にとってはないがしろにできないディーテイルです。

カテゴリー: NEWS パーマリンク