知っておきたい。安全な日付・時刻の合わせ方

①リューズを最後まで引き出してください。

②6時頃を表示するように針を進めます。
(一番安全な針の位置です。)

③リューズを一段戻し、カレンダーを合わせたい日の前日に合わせて下さい。
(15日に設定する場合には14日に合わせます。)

④リューズを再び最後まで引き出して針を時計回りに進め、
針が0時を過ぎるときに日付が変わることを確認してください。
(切り替わったこの時が「夜中の」0時です)

⑤日付が切り替わったのを確認したら針を時計回りに進め、
合わせたい時間に合わせます。

⑥日付と時刻を合わせたらゼンマイの巻上位置までリューズを戻します。
リューズがねじ込み式のモデルはしっかり締めて下さい。

なお、一部のモデルを除き一般的な機械式時計は、2・4・6・9・11月(小の月)の月末の翌日は、手動によるカレンダーの調整が必要です。

カテゴリー: NEWS パーマリンク