中1で高級腕時計を買えた理由

私が欲しかったこの「カレラ」は、タグホイヤーの中では異色の存在でした。その時代、タグホイヤーの主だったラインナップは、防水ブレスレットのスポーツモデルで、ムーブメントも電池式が主流。それに対して、カレラには、手巻きの機械式ムーブメントが搭載されており、見た目もかなりクラシカルだったのです。

私がこの腕時計を買ったのは2000年3月のことで、そのころ私は中学1年から2年になろうというころ。

そんな若い年齢で、なぜ高級腕時計を買うことができたのかというと、当時の私は中学生ながら仕事をしていたからです。私が中学1年生だったのは、1999年4月から2000年3月という時期ですが、そのころのインターネットという存在は、大人にとって未知のモノ。なんとなく若い人のほうが詳しいというイメージがあったようで、中学生の私に対し、ホームページ制作の仕事を発注する人がいたのです。

最初のクライアントは、小学生時代から付き合いのある出版社。私は1999年9月から、その会社のホームページを作成し12月に完成させました。そして、翌年2000年には、友人の父、母の友人からホームページ制作の依頼があり、当時の私は、複数のクライアントを抱えていたのです。

カテゴリー: 日記 パーマリンク