“もっとも美しいドイツの職人技”が詰まったキャリバー100.2

搭載する「キャリバー100.2」は、グロスマン製のプッシャー付き巻き上げ機構に加え、同じく自社製造の調整ネジ付き段差式テンプ受け、メンテナンス時個別に取り外し可能な巻き上げ機構、質量を改良した自社製テンプが備えられている。このムーブメントのベースは、徹底的に仕上げにこだわった傑作キャリバー100.1。これにパワーリザーブ表示のためのギアが追加されたもので、美しさは100.1に引けを取らない。もちろんサファイアガラス製のシースルーバックになっているため、“もっとも美しいドイツの職人技”を堪能することができる。

カテゴリー: 日記 パーマリンク