伝統工芸と最先端技術が融合して生まれた限定モデル

「ザ・シチズン」が誕生したのは1995年。以来、「正確な時刻を刻み続けること。時刻を見やすく伝えること。その使命を長く維持すること」をテーマに、時計の基本性能をどこまでも追い求めるシチズンブランドの最高峰として展開しています。

またこのシリーズは、シチズンの最高技能者「シチズン マイスター」によって組み立てられる、“人と技術が融合して生まれる”シチズンの最高峰モデルでもあります。

そして今回、年差±5 秒という世界最高レベルの精度を実現したムーブメント「光発電エコ・ドライブ」に適した文字板素材を研究・開発する中で、日本で古来より光を取り込む障子などに使われてきた和紙に着目。薄さと丈夫さを併せ持つ、日本三大和紙のひとつ「土佐和紙」を初採用することになりました。

カテゴリー: NEWS パーマリンク