機械式時計のブームが日本で起こったのはいつか?

これについては諸説あるようですが、 1980年代中期頃というのが正しいような気がします。

80年代前期にイタリアのファッション界を中心に、アンティークロレックスの人気が急上昇。その影響を受けて、日本市場も徐々に活況を示し始めました。 当時、スイス時計界はクオーツ ・ショックの大ダメージで、生産する機種数や製造本数も大幅に縮小。機械式時計の人気はアンティークが中心でした。

それまでは文具やジュエリーなどアンティーク全般を扱う骨董店の一角で販売されたアンティークウオッチですが、時計だけを扱う専門店が日本各地に誕生したのも、80年代前期~中期頃のことだったと思います。

その頃「世界中の誰もが知るステイタスブランド」として、アンティーク市場での需要は圧倒的にロレックスが主流。現在はクロノグラフ(デイトナ)の人気が高いですが、当時の日本市場では意外にもクロノグラフは不人気。私も85年前後にアンティーク店を取材で数多く訪問しましたが、「デイトナは人気がなくて全然売れない。20万円でいいから、5本でも10 本でも好きなだけ買ってくれないか?」 と相談されることが度々ありました。

日本で人気だったのは、小振りな(主に白文字盤の)バブルバック。日本のディーラーはアメリカ西海岸のアンティークマーケットに買い付けに行くことが多かったようですが、「ロレックスの程度の良いパーペチュアルなら何でも、何本でも買う!」と、"クレイジーな買い方"をする日本人が当時は殺到していたそうです。

アンティーク市場は、80年代中期から後期に向けてさらに勢いを加速。価格の推移をみても、前・中期は10万円台後半~20万円前後だったバブルバックが、後期には30~50万円台に、ユニークダイアルなどレアなモデルは200万円以上の値を付けるほどでした。

カテゴリー: NEWS パーマリンク