この時計をつけると金持ちになると聞きました。

以前はヨーロッパと日本のタブ業を紹介しましたが、中国本土の状況についてはあまり詳しくないです。みんなも知っています。今は国内のタブ業界の発展はまだ初歩段階にあります。海外ほど発達していません。でも、がっかりする必要はありません。今国内で優秀な時計人がたくさんいます。国産の希望を見せてくれました。先日、中国の独立した時計師、林勇華さんが男性の新しい腕時計「トンボ」を作り出しました。
林勇華は石英表メーカーの出身で、退職後は自主的に創業し、機械表の修理に従事しています。優れた表現のため、スイス独立のタブ人協会(AHCI)に候補として採用されました。彼の手にある作品はすべて創造的で、時にはそのためにも少し変わっている。この「トンボ」もこのような特徴があります。
「トンボ」のデザインは非常に前衛的で、時計の針と分針は左右の二つの異なった文字盤に分布しています。左は時計回りで、右は分針です。目盛りは装飾芸術の風格を持つアラビア数字を採用して、そして拡大処理を経て、その上異なった数字の大きさも異なっていて、全体はまちまちに見える。全体の形は確かにおかしいですが、読みやすいです。中央の固定針で読めます。

カテゴリー: 日記 パーマリンク