信州のスプリングドライブSBGA407アイスブルースノーフレーク

セイコーを知ることは、数百の盾から始まるかもしれませんが、卒業が本当に終わったと見なされる前に、グランドセイコーを購入するのに数百回かかります。

1938年、セイコーは東京の亀戸に2番目のセイコーハウスを設立しました。第2精工舎は、グランドセイコーの重要な生産室の1つである、機械と高周波時計の生産を主に担当したShizuku Advanced Timepiece Workshopでした。

1950年代の終わりに、セイコーは長野県S訪市に支店を設立しました。、訪精工社のセイコーエプソンの前身でした。S訪精工も以前は機械式GSを製造していましたが、クオーツストームの後、主に電子時計の製造を担当しました。 そこで、グランドセイコーのクォーツ時計とSD時計は、信州の職人の工房で生まれました。

カテゴリー: 日記 パーマリンク