IDCレポートは、Appleウェアラブルデバイスの出荷が前四半期に急増したことを示しています

調査会社IDCによると、Apple Watch、AirPods、Beatsヘッドフォンの人気の高まりにより、Appleウェアラブルの出荷は2019年第3四半期にほぼ3倍になりました。 IDCの推定では、Appleは前四半期に2950万のウェアラブルを出荷し、2018年の第3四半期の1,000万から増加しました。

Appleは引き続きウェアラブルの世界最大のサプライヤであり、AirPods Proの発売とApple Watch Series 3モデルの割引により、同社は引き続き優位に立つことができます。 Appleはウェアラブルの販売を明らかにしませんでしたが、すべての兆候はApple WatchとAirPodsの良い販売を示しています。

Appleの「ウェアラブル、ホーム、および」収益は、2019年第3四半期に記録的な65億ドルに達し、昨年同期の42億ドルから54%増加しました。 Apple Watch、AirPods、およびBeatsに加えて、このカテゴリにはHomePod、Apple TV、タッチ、Appleブランドおよびサードパーティ製のアクセサリも含まれます。 現在、Apple.comの消費者からのAirPods Proの注文は来年1月に配信される予定です。

カテゴリー: NEWS パーマリンク