バーゼルワールドでのセイコーチバオ限定の新しい腕時計

Qibaoエナメルは、17世紀に日本で生まれた特殊なタイプのエナメルです。 それとエナメルエナメルの最大の違いは、焼成後の研磨プロセスにあります。 これは、厚さが1 mm未満のダイヤルにとって非常に難しいプロセスです。 プレサージュのキバオエナメルダイヤルは、安藤クロワゾン(安藤チバオ)によって製造されており、この世紀のプロの製造元は名古屋にあります。 セイコーが設定した高度な環境保護および安全基準(この基準はEU RoHSと同じ仕様に達しています)にダイヤルを適合させるため、東宮氏はこのシリーズの時計用に特別に開発された鉛フリーgl薬を使用し、800度で焼成しました 。 グレージングと焼成を繰り返すことで、エナメルの均一性が確保されます。 戸谷氏が非常に満足している場合にのみ、最終研磨プロセスを実行することができ、ダイヤルに細かいパターンが現れ、表面が美しく滑らかな効果を達成します。

カテゴリー: NEWS パーマリンク