上海で開催されるシチズン2017ハイエンドウォッチテイスティングカンファレンス

黄金色の秋には、時代を超えて、カニを食べたり、飲んだり、月を見たりすることが常に楽しいものでした。そんなうれしい雰囲気の中で、100周年を迎えようとしているシチズン(チャイナ)ウォッチの会長兼総経理、菅川竜風さん、そして有名な国内時計メーカーやシニアメディアの方々が上海に集結。興味深いものを見て、ブランドの100年前の時計の魅力に感謝します。

ブランドの創設以来ほぼ100年にわたり、シチズンは革新の精神をブランドの血に組み込むことを主張してきました。今回のテーマは「100年後の未来」。 「新しい」という言葉は、ブランドの革新と課題を表しています。 「ベネフィット」という言葉は、ブランドの卓越性の哲学です。

ブランド革新の代表として、2017年の新作傑作「Eco-Drive」40周年記念限定モデル「Eco-Drive One」、PROMASTERスポーツシリーズ「海と陸と空」の新作、花言葉「フェンイン」を展示するほか、一緒に現れると、宇宙のフロンティアを探求するというシチズンの日々の野心だけでなく、自然と革新的なテクノロジーの本質を利用する愛の月のインスピレーションも表示されます。テクノロジーと美しさの融合として、現地の時計職人に愛されてきました。

カテゴリー: 日記 パーマリンク