タグホイヤーは5月にスマートウォッチを発売する予定です

伝統的な時計メーカーであるタグ・ホイヤーは、インテリジェント回路を開拓し、2015年にスマートコネクテッドシリーズを発売しました。 ただし、GoogleがAndroid Wearを2.0に更新したため、Connectedシリーズは比較的OSが遅れています。 市場の変化に対応して、タグホイヤーは5月に新しいAndroid Wear 2.0スマートウォッチを発売することを決定しました。

公式指示によると、2つのサイズから選択でき、画面やGPSモジュールなどのハードウェア部品も改善されます。プロセッサー部分はIntelのプロセッサーを引き続き使用するため、アップグレードする必要があります。 この情報によると、タグ・ホイヤーは新しいスマートウォッチをコネクテッドシリーズとして分類し続ける可能性があり、これは以前の1,500ドル以上である必要があります。 発売以来、Connectedシリーズは56,000ユニットを販売しており、当初の目標を上回っていますが、市場シェアはApple Watchに比べて非常に小さいままです。

カテゴリー: NEWS パーマリンク