B.zero1が描く大胆な自然モチーフ

登場したのは、ブルガリのジュエリーで知られる「ナチュラリア」コレクションからインスピレーションを得たウォッチ。“自然への賛美”をテーマとする「ナチュラリア」コレクションは、1940年代から自然をモチーフとしたデザインの研究を重ねてきたブルガリが、満を持して1990年代に発表したコレクションだ。
自然や花などのモチーフがいきいきとそして色鮮やかに描かれ、発表と同時に人気を博したジュエリーである。

今回のB.zero1の新作では、ナチュラリアのイメージから発想して、太陽と月のモチーフをセレクト。深みのある漆黒のブラックダイヤルに、パヴェダイヤモンドをほどこしたゴールドの月とマザーオブパールの太陽が輝く。暗い夜空に鮮やかな月と純白の太陽が輝くという大胆な組み合わせも、ブルガリらしいモダンな表現である。今回は月と太陽のモチーフを天文学のイメージに重ね合わせることで、ウォッチメイキングへのオマージュをも語っているという。

2月にはふたたび「ナチュラリア」のモチーフを使用した”トンド&チャーム”の新作ジュエリーコレクションも登場。ブルガリの自然モチーフコレクションに、いま期待が高まっている。

カテゴリー: NEWS パーマリンク