天秤なし、ひげぜんまい、ゼニスの革新的なレギュレータ

今年の初め、Jean-Claude BeaverがZenithを引き継いだとき、それはウブロとTAG Heuerが今もなお経験しているように、ブランドの「ビッグバン」の発売の前置きにすぎませんでした。 そのように。 当時、バーゼルワールド(バーゼルワールド)のオープンは間近でしたが、ゼニスの輝きを取り戻すためには、何かをせずに、早く何かをしなければなりません。 それ以来、ゼニスはブランド開発の方向性を調整し、「伝統的な未来」の形成に取り組んでいます。

ゼニスは、バーゼルインターナショナルウォッチアンドジュエリーフェアで、Defy El Primero 21ウォッチをリリースしました。 これは、10分の1秒から100分の1秒までの21世紀の時計であり、パフォーマンスとデザインに大きな飛躍をもたらします。 1969年に始まったエル・プリメロ運動はゼニスからのインスピレーションの最初の叫びであるだけでなく、白鳥の歌でもあると言う人もいます。 デファイエルプリメロ21ウォッチの登場により、この議論は自滅するものとなっています。

カテゴリー: 日記 パーマリンク