セイコーアストロンからスウォッチまでの水晶の簡単な歴史

スイスのジュラバレーでは、時計職人が慎重に独自のビジネスを展開しており、雰囲気は穏やかです。彼らは、数千マイルも離れた場所で発生する嵐がすぐに機械式時計製造の終焉につながることを理解していませんでした。 1970年代、スイスの時計製造業界のエンジニアは「津波」に苦しみました。この「津波」の源泉は、1963年からセイコーのマネージングディレクターを務めた中村恒也と、水晶技術を習得することに率先する決意でした。 Ulysse Nardinのようなブランドは、3年足らずで時計製造業界を変え、1965年には、クオーツのプロトタイプ時計をヌーシャテル天文台に提出し、タイムトライアルに参加させました。クォーツのプロトタイプ時計の精度は機械式時計をはるかに後世に残しましたが、この新しい技術は科学界以外の人々の興味をそそることはできませんでした。セイコーは1881年に設立された日本企業ですが、一般のヨーロッパ人にはまったく馴染みがありません。 1966年、セイコーは独自のクォーツプロトタイプ時計を発売し、スイスの時計は無関心であるように見えました。 GPジラールペルゴ、ユリスナルダン、電子時計センター(CEH)などの主要なブランドや組織を含む誰もが見ることができるように、彼らの研究はプロトタイプ段階を突破することに失敗しました。クォーツ時計の開発は行き止まりのようです。

カテゴリー: NEWS パーマリンク